2007年9月18日 (火)

誰をやりたい?

禅さんはマリウスとジャベールを演じてらっしゃるわけですが、他にどんな役をやりたいかという話になって、
禅さんはアンジョルラスをやってみたいそうです。
山口さんはロンドンで初演を見たとき、「赤いちゃんちゃんことかいいな~」と思ったそうです。いざ自分がそれを出来るってなったときオーディションに行ったら、「ボクの前にそれに関するスコアはなかった・・・」そうですが。
禅さん「僕もこの年齢でアンジョルラスができるとは思わないけど・・」
山口さん「でも、マリウスやってるし・・。でもさ、家の塀よじ登るときギコギコいってるから、そででみてて心配・・」
禅さん「♪あふ~れ~ゆく~、って歌うとき本当は貧血状態になってて、この役は若くなくちゃできない!と思った。アンジョルラスはカートに乗っかって盆を回らなくちゃいけないから、遠心力に耐えられないと思う!」

そうそう、塩田さんが山口さんに聞いていました。
「最後のエピローグの登場場面で、盆が回りながらろうそくつけながら歌うのって大変なんじゃないですか?毛布に火が付きそうで、ドキドキした」
山口さん「・・・・・・・大変です!」
博多座は思い通りの空調ができる素晴らしい劇場で、こっちが舞台でベスト着て、上着着て、コート着て、人毛のかつらつけてんのに、客席からはTシャツ一枚で来て「お母さん、寒~い」なんて声が聞こえるそうです。

(確かに、博多座なら聞こえるでしょうね・・。私にとっても初めての博多座の客席は空調も音声も前の人の頭に視界をさえぎられることもなく、素晴らしかったですーーー!)

| | コメント (4)

博多座は素晴らしい!-その2

博多座はロビーにいろいろお店が出てて、至れり尽くせり。
遠征組には空いた時間にお土産を買っておけるので、とってもうれしいです。

で、塩田さんが「こんなこと言っていいのかどうかわかんないけど・・・」と話はじめたら、
山口さんがやさしくビシッと「・・・やめなさい!」
「でも~、どーしても話したいんであればー、前もって・・・。すいません、マエストロがどーしても言いたいことがあるようで・・」
塩田さん「博多座が建てられて開館という日、まだお客様が入っていないときに全館まわったんですけど、日本一だと思ったのは女子トイレ・・」
すかさず山口さんが「入ったの?!」(場内爆笑)
山口さん「これはね、仕事だから入ったんですよ。趣味じゃないから!そうしないと明日インターネットに「塩田さん、女子トイレに入る!」って書かれるから!」
塩田さん「10年前ですからね・・・すべて素晴らしくて感動でした!」
山口さん「その感動は僕たちは味わっちゃいけないの?誰の許可とればいいんですか?」(ま、また何を言い出すんだ・・・・(^_^;; )
塩田さん「支配人かな~」
禅さん「女子トイレだけなんですか?男性用トイレは外が見れて、綺麗ですよ」
山口さん「そう、向かいあって外を見ながら・・・」

・・・・・トイレ談義に花を咲かせるオトコどもでありました・・。やれやれ・・。

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

博多座は素晴らしい!

・・・ということを聞いて、シェーンブルグさんは今回、来日されたそうです。
というと会場から「ふーん」。
すると山口さんが「1000人を超えると「ふ~ん」、もちゃんと聞こえてくるんだ!もう一度聞かせて!」
「すごい劇場があるらしい」「ふーん」
「それをぜひ見てみたい」「ふーん」
「それを見てみたら、信じられない!」会場拍手。
こういう素晴らし劇場が身近に街中にあって、もってる人たちは幸せだな~とその後のパーティーでも彼はおっしゃってました」

博多座のオケピットの板目は縦目になっているそうで、海外では縦目が普通で、日本では横目が多いらしいのですが、縦目だと音がよく響くらしいです。
そう話していると山口さんが体を横に傾けたので、ん、何やってるの?と思ったら、
あ、なるほど「縦目」ね(^_^;。(笑)

ちょびちょび思い出し・・。「きょうの公演はいかがでした?」と塩田さんからふられた禅さん。「え?とどこおりなく・・・(笑)」
実は昼の公演でジャベールの自殺のところで、「ん?何か変?」と思うところがあったのですが、欄干を乗り越える時に足の運び間違えちゃったそうです。「(あーっ、違うとこ上ったー(>_<)!」
ジャベールに続きこの後マリウスもやるわけですが、「このまわりが・・・」とおなかの辺りを触る禅さん。そのおなかのあたりをじーっと見ている山口さん。役の切り替えはそんなに大変な作業じゃないんですけど、「かつぐ方が大変だと思うんですけど・・・」「じゃあ、後でちょっと実地でかついで・・。」でもやってくれなかったな~。

禅さんに「MAで」、と塩田さんがいうと、山口さんが「え?ああ、マリー・アントワネットね」「えっ?て、あなた一緒にでてたでしょ、山口さん!」「出てましたね~、袋被って、ぐるぐる回ってるだけで・・見えない役で・・」

相手役のジャベールが変わるわけですが、「みなさんそれぞれ人柄がでます。警棒でパシンってやる人もいるし、顔はにやけながら目は大丈夫かな~って人もいるし」
(警棒パシンは今さんかな・・、顔にやけながらは禅さん?)

山口さんがマエストロ風朝の歯磨きをやったときに、塩田さんが「下で振ってみたら?」というと、「塩田さんの鼻の穴初めて見た・・・。いつもは頭の上しか見てないから・・」
あ、こうも言ってました。
出のときのタイミングは、山口さんは塩田さんを見てでてくるそうです。工場の場面とかは、前でわーわー言ってるせりふで音楽が聞こえないそうで、そのときは塩田さんがバッと手を上げて合図をしてくれるので、それで出てくるそうです。

| | コメント (2)

司会はしおもんたさん

ただいま~。博多から帰ってきました。
眠いけどとりあえずトークショー思いだしレポ。
司会はマエストロ塩田さん。フォローする禅さん。爆笑トークというよりは、ほのぼの~、時々禅さんがマジメに答えて話が長くなって、自分で話を終えちゃうとか、ツッコミがかみ合わず・・・・ということもありましたが、最後は手締めで終わりました!30分か40分くらい?

山口さんは用意されたミネラルウォーターをマイク持った手で開けようとして、開けられず笑いを誘ってました。結局、床においていましたが・・。

博多はおいしいものがいっぱいで、やめられなくなるそうです。でも大丈夫。
「この衣装、ズボンの後ろのほうはゴムになってて、20センチくらいは伸びるの・・」と、びよ~んと伸ばしてくれました。(山口さんはエピローグの時の衣装のまま、もちろんヒゲつき)
禅さんはジャベールの制服で、髪はきちんと両脇束ね直してました。
が、暑いんでしょう、山口さんが手伝って上着を脱いだら、同じような格好・・。
でもジャベールの衣装はウエストのあたりにグレーの切り替えがついていて、それを見た山口さん「いいな~、ボクのにも明日から衣装につけてよ」

石川禅さん、ちょっと前までほわ~としたルイ16世から怖いジャベールになったわけですが、山口さんいわく「いつもほわ~とした感じ」で、エレベーターとかで、「おはよう!」って声かけても「おはよ~」みたいな感じだそうです。

「MA」で最後、皆で「自由~!」って歌って終わってたのが、途中から山口さんだけそれがなくなっちゃって・・。「そうなると、どんどんたまっていくんで、それで今「自由だ~!」って出ちゃってるそうです。

塩田さんが「役者さんは、朝起きたときから、役に入り込んでいるものと思ってた」というと、山口さん「じゃあ、朝歯磨きするときから指揮棒振って・・・」とか言いながら、マエストロ風に腕振って歯磨きの格好を!それをみた塩田さん、「一度、振ってみますか?」

盆が大きいのではける方向と次の出の方向が違うと、舞台裏こっちから向こうへ走ってるときがあるそうです。
コゼットと森で出会うシーン前は下手から出てたそうなんですが、今は上手からなので、下手はけて走って上手から出て、ゼイゼイいってる呼吸を整えて、
♪「さあ、もう、怖がらな~い~で」って歌いだすそうです。

そうそう、舞台で困ったこと。
コゼットちゃんが運ぶ水の入った大きい桶。オトナは重そうに運ぶのですが、子供がヒョイと片手で持っちゃうときがあって、二人で歌いながら運ぶとき、「ど-しよーと思って」手で桶を抑えている時があるそうです。
禅さんははけるとこをずーっと間違えてて、東山さんが正しい方向を指差して、「あっち!」ってしてくれてるのを見て、はじめて「あ、あっちだったんだ」と。それに気づいたのが8月1日だったそうです。

あ、もうまぶたがくっつきそう・・zzz
続きはまた

| | コメント (4)

2007年9月12日 (水)

ちょっとでかけてきます

さっきの勧誘電話でムカついたので、気分転換におでかけしてきます。
ちょっと博多まで、好物の「明太子せんべい」を買いに・・。

ちゃうちゃう!
9月観劇予定はないはずだったのですが、14日博多に行ってきます。
あの方のトークショーがありますから、きっと全国からファン集結でしょう。
どんなほわほわ話が聞けるやら?

わ~い、博多遠征デビューやわ~!
先週、博多に遠征した友達とかからいろいろ情報は仕入れましたが・・。
博多はじめてやし~。ちょっと不安・・・。(^_^;
博多座あたりでうろうろ迷子になっている私を見かけましたら、どうか声かけてくださーい!(>_<)

| | コメント (3)

2007年9月 3日 (月)

千秋楽映像がアップされました!

やっと千秋楽の映像がアップされました。
ご挨拶の「ちょっとショボかったので・・」を聞きながら、爆笑。
なぜか、ああ、夏が終わったんだな~と実感。

もう明日には博多公演ですね~。
おいしいもの食べすぎて太らないでね~!

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

♪明日は~♪

いよいよ明日、1ケ月半ぶりに山口さんに逢えます。

そわそわ。
明日もシャツ+クロリンTシャツかしら~?

えっと、買い物予定は・・・・
1.クロリンTシャツ
2.クロリンのボールペンとシャーペン
3.舞台写真が追加されたパンフレット(?)
・・・・・・・・うーん、これだけでお札が飛んでいく・・・。

シャチョーさん、グッズで売り上げ倍増計画中?

次はクロリンマグカップ、クロリンバッグ、クロリンタオル・・・・?

| | コメント (2)

2007年6月22日 (金)

これさえ観ればあなたも幸せ・・v-その2

山口バル初日。パンフ見ながら、なんとか思い出し・・・・!
この記憶であと1ヶ月過ごさねばーーーー!

さて、大事なことを忘れてました。注目した方たちです。

まず港司教さま。
心を閉ざして暗い世界に生きてきたバルジャンを救う人、ミリエル司教様がすごくよかったんです!なんせバルジャンのその後の人生を変えてしまう方ですから、力強くなおかつしっかり歌ってくれなきゃと思ってたのですが、よかったの!港幸樹さんって方です。ちょこっと探してみたら港幸樹さんのブログが見つかりました。港さんも劇団四季出身なんですね~。なんと高校生のときに生まれて初めて観た舞台が、山口さんの「オペラ座の怪人」だったそうです。その後、四季に入られたわけですが、そのころには山口さんは退団した後。16日の舞台で共演できたことが、すごく感慨深かったと書いておられました。夢って思い続ければいつかかなえられるのね~!
北海道出身だそうで、私の北海道出身の友人たちと似てて、すごく気持ちまっすぐでそれでいておおらか~な方でした。
司教さまはレーグルも演じるわけですが、今回のレーグルも注目です。バルジャンがジャベールを逃して銃をうって戻ると、学生たちは銃で床をたたくのですが、レーグルは最後までそれをためらってます。このレーグルも好きだわ~。イチオシです!

菊池コゼット
おお!いい!ちゃんと声も出てる。感情も入ってる!でも、素顔はすっごくかわいいのに、なんでコゼットになるとベタなブサイク顔になるの・・(><)。お化粧の練習求む。

駒田テナルディエ
一癖二癖あるテナルディエ、さすが駒田さん!森クミさんとのコンビでは絶妙な笑いもとってて、この場面ではけっこう笑いがあるのがわかってるのですが、それでもコゼットを逆さに抱いちゃったり、つられて笑ってた山口バルジャン(^^)

森クミテナルディエ夫人
司教さまの妹役もそうね。工場でもでてますね?森クミさんだからわかる・・・。
レミの楽しみは主役二人以外が、いろいろな役をやること。でも今回パンフに香番表がないので、見つける楽しみがあるの~。

上野プルベール
笑顔の爽やかなプルベールです。上野さんのブログは→コチラ (おわ!?逆立ちして発声練習?!)

レミゼは観る側もいろいろな楽しみがあるから好き~。
初舞台で声が震えてたりとか、緊張して楽譜どおりに歌ってるだけ~とかコーラスあってないな~大丈夫か~と思っていた人たちが何ヵ月後には堂々と歌いこなしてたりする。みんな期待してるよ~。
あ、オケも舞台関係者も新人入れ替わり?オケは金管がちょっと音不安定?カーテンコールのとき作曲したやろ!音響さん、音が小さすぎたり、要らないとこでエコーかかってるよ~。みんなしっかりがんばれー!

| | コメント (1)

2007年6月19日 (火)

これさえ観ればあなたも幸せ・・v

3日たっても頭の中には、山口バルジャンの声が流れています。

細かいところは忘れちゃってますが、思い出したら加筆することにして・・。

「囚人の歌」のときの帽子が、なかなかかわいい!
許可証を渡されて釈放された後、宿屋のシーンが入りました。これで前科者に世間は冷たいってのがよくわかるな~。

司教館のパンが本物になってる!ちぎってたけど、食べてはなさそうだった。
ここで盗んでいく食器が・・・カバンに入れるとき金属にしちゃぁ軽い音なのよ・・・。盗むほど金目のものなんだから、もっと小道具にはこだわってくれー!燭台もね!(私の泣きアイテムがーーー!)

その後の「独白」がすごかった!「♪またあの地獄へ!」とか「♪自由をくれたのだ!」とか、叫んでいました。でもちゃんとメロディに乗ってって、感情も表情もすごくこもっていて、バルジャンの独白でこんなに胸が熱くなって泣いたのは初めてでした!
そういえば、2-3週間前まで「自由~」って歌ってたのですよね。でもそのときの「自由」の言葉は暗く重かったけれど、心揺さぶられることはなかった。でもバルジャンの叫ぶ自由は、魂からの叫びでした。

「一日の終わりに」
一新されたアンサンブル・・・・・。まだ最初なのはわかってるけど、声がそろってない!びみょーにずれてるから、歌詞が綺麗に聞こえない!アンサンブルも毎日変わるはずだから、合わせるのは大変だろうけど、この歌は合わせて~(><)

相変わらす素敵な市長様・・・・。かつらがちょっと変わったような気がするのは、気のせい?なんだかすごく若く見えた~。
娼婦になって騒動を起こしているファンテを見かけるとき、シルクハットを被ってました!以前は手に持ってたはず?被っているというよりは、頭に乗っけている感じで、よけい大きく見える市長様。
「裁き」♪24653~の「3」がファルセットになってて、ちょっと拍子抜け・・。前のほうがよかったな~。ここんとこは毎日変わるのかしら?
病院で。「♪この手~、冷たくなるわ」「暖めよう・・・」こんな暖かい笑顔と言葉で天国にいけるファンテーヌは幸せ者や~!
「対決」私のイチオシ今ジャベールとの対決はやっぱり圧巻!どっちも引かない!でもバルジャンに負けちゃうジャベール・・・。

「♪あーのくものうーえーに~」かわいくて声もしっかり出てるリトルコゼットちゃん!
一癖も二癖ありそうな駒田テナおじさんと森テナおばさんにこき使われて育ったにしちゃあ、よくまっすぐ育ったわね!(と、つっこみたくなるほどかわいいの~!)
一筋縄じゃいかないテナコンビ。オペラでバルジャンを見ていたら、笑い声が・・。なんかやったみたいだけど、見れなかった!胸の谷間を寄せてみせるテナ夫人、目が離せなくてじーっと見てるバルジャン。(コレッ!)1500フランは駒田テナのおでこに張るのかと思ったら、頭にぺたん。
そしてドキドキタイム。コゼットのお着替えは間に合うのか・・・?(何で見てるほうがハラハラするの・・?)お人形渡して、「よ、おいで!」って言われたら、私も飛びつきたいーー!
コゼットになってブンブン回ししてーーー!例のごとくきれいに10回くらいぶんぶん回していた山口バル!たぶん本気で「きゃぁ~」って笑ってたゾ、リトルコゼットちゃん!あれだけぶんぶん回されても、ふらついてなかった・・。さすが子役ながら、役者や~!

簡単に書くつもりが・・・。続く

| | コメント (3)

2007年6月18日 (月)

やっぱりレミゼはいい!

マリー・アントワネットの処刑から20年ちょっと・・。
同じフランス。再び革命の話。

でも、レミゼはいい!泣けました!笑いました!そして明日生きる希望をもらえた。
「MA」の暗雲は消えたわ~。
やっぱり山口バルは最高に素敵でした!
細かいところで演出が変わったところがあり、アンサンブルも一新され、突っ込みどころ満載?!の舞台ではありましたが、楽しかったーーー!
山口さんの歌い方が、また変わりました!
どちらかというとセリフ調。それをメロディーに載せ、感情も演技も深くなって、今まで見た中でも一番よかったです!!

「プロローグ」
♪あはん、あはん、って聞こえてくると、あぁ~レミゼだーp(><)qっと、コレだけで胸が高まってきます。そして列の中におっきくて帽子を被った囚人が一人・・・山口さんだ!
帽子?被ってる?靴は履いてるけど、靴下ははいてない・・。
♪「自由なのか~」の時かな~、帽子をとってズボンの紐にはさんだとき、白い胸元が見えてドキっ!囚人番号が書いてあったかどうかは覚えてない・・・。

ちょっと感想はあとで・・・

| | コメント (2)